セーラー万年筆 エンジェルス・ディライト

セーラー万年筆からカクテルシリーズ エンジェルス・ディライト

セーラー万年筆は、カクテルシリーズ第9弾となる「エンジェルス・ディライト」を、9月25日より発売します。

salermannenhitu1.png

万年筆ブランドは毎年限定モデルを発表するのが好きな傾向がありますが、それのセーラー万年筆版ですね。


2019年の万年筆は「エンジェルズ・デライト」で、これは同名のカクテルをイメージさせる外観となっておりなかなか世界観の演出ができていますね。


万年筆は筆記具の中でも嗜好品というか、かなり趣味性のたかいもので、書くことに対する思い入れが強くない人はあまり持っているイメージがないですので、こういった演出はすばらしいですね。


具体的にはペン先が21金なのはもちろん高級仕様なので凄いのですが、一番の見どころは複数の色に着色されたPMMA樹脂をつかった素材感と世界観の演出にあるかと思います。


PMMA樹脂をとても効果的に使っているのがまず凄くて、PMMA樹脂というのは高級な素材ではありませんがガラス以上の透明性が特徴の樹脂なんですよね。


これによって塗料に頼った表面的な演出に留まらない内部にまで浸透した無垢な一体感を万年筆全体から感じられるんですよ。


両用式なのが若干残念ではありますが、2万円の万年筆にしてはかなりコスパがいいです。


字幅は中細、中字の2種類。ペン先は大型21金、バイカラー仕上げ。外形寸法は18×129mm(最大径×長さ)。

重量は21.6g。