ハリナックスプレス

コクヨ 穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレス


harinakkusu2.png


もう今さら紹介するまでもない超有名な文房具・事務用品をあえて。


針で穴を開けない、圧着式のホッチキス。


そう、コクヨの「ハリナックスプレス」です。


harinakkusu.png



いろいろ言う前に結論を先に・・・この商品の何が革命だったのかという2点を。

①針を買う必要がない

②シュレッダーに直接入れられる

もうこれに尽きますね。


オフィスdeシュレッダー案件の最大の課題といってよいでしょう。

それを解決してくれたという点でこれは神とも言えます。


経緯をご存知の方もいるかと思いますが・・・一応。



この「ハリナックスプレス」には、前身モデルがあります。

「ホッチキス」を超えるものとして開発された「ハリナックス」というもの。

文字通り、<針が無い>ので「ハリナックス」、最強のダジャレを商品名にした名作ですね。

文字通り針なしのホッチキスなわけですが、紙を何枚かまとめて独特な穴をあけて折り曲げて留めるタイプのものだったですね。

それを進化させたのが、今回の「プレス」なんですね。

圧着により穴を開けずに閉じることに成功したわけです。

ただし、「ハリナックスプレス」は最大綴じ枚数5枚、従来のものは最大で12枚だったのでかなりのスケールダウンではあります。

そして枚数を確認してから作業するのはちょっとストレスかもしれません。


しかしながら、紙を傷めず閉じるというのはこれは凄いことですよね。

この凄さが勝てばそのストレスなんて無いに等しくなるでしょう(笑。

逆にですよ、7枚になりそうな書類を何とかこれで綴じるために、5枚にしてしまえば2枚分エコにもなりますからね!(笑。


紙を傷つけないで綴じれるのならそのままキレイに分離させたいですよね。

大丈夫です、とじた部分をハリナックスプレスの底面でこすり、凹凸がなめらかになったら、ゆっくりと紙を外せばキレイに剥がせます!

もう言うことありません。


さて、2009年12月の発売以来、累計販売数が600万個を突破という恐ろしい大ヒット商品を前身モデルとした「ハリナックスプレス」。

「環境」、「安全」、「効率」という3つのコンセプトに「スマート」さを追加した最強モデル。

これが無いオフィスなんてもうこの世の中にはなくなってしまうかもしれませんね。